愛好家もいるトランクルームの魅力に迫る|保管管理の鉄則

男性

物置代わりに使用可能

トランクルームとは何か

トランクルームとは簡単に言えば貸倉庫のことですが、個人・法人も手軽に利用できるようにサイズが小さめになっている点が特徴となっています。床面積でいえば0.5帖から3帖程度が平均的なところで、一般家庭の物置とそれほど変わらない大きさです。 サービス開始当初のトランクルームは、業務用の倉庫の内部を細かく仕切ってそれぞれに鍵のかかるドアを取り付けたものが主流でした。しかし近年ではオフィスビル内の一室にボックス上の倉庫があるので、テナント内で収納しきれない物を保管しておく場所としての活用に最適なところです。

さまざまな目的に利用可能

トランクルームが利用されるのは、主に「大事だけれどあまり使わない物」を収納する場合です。例えば、企業にあっては普段見ることはないが規則上廃棄できない書類などの収納が中心です。 この他、ワインセラーや楽器庫などの在庫などを保管するケースもあります。これは、温度や湿度の管理体制、防虫・防塵体制などに優れた高機能なトランクルームが登場するようになったことによるものです。 また、今後普及が進むものと予測されるのが、リスク分散を目的とした利用です。これはオフィス等の盗難や災害に遭った時に備え、貴重品をある程度トランクルームに預けておくということです。こうした利便性が功を奏して多くの企業がトランクルームをニーズに合わせて活用することができるのでしょう。その他にも色んな活用法があるので確認してみましょう。