愛好家もいるトランクルームの魅力に迫る|保管管理の鉄則

説明

ネットで申込可能

街中でも見かける機会が多くなったトランクルームは、いろんなものを預けることができるようになっています。また、貸倉庫などの大型タイプになるとさらに活用できる幅があるので魅力的です。

詳しくはコチラ

物置代わりに使用可能

自宅に物があふれているが収納スペースはもう限界、かといって大事な物ばかりなので捨てるわけにもいかない……そんな悩みを持つ人に最適なサービスがトランクルームであり、法人と個人から支持されています。

詳しくはコチラ

商品を預ける

小さなものから大きなものまで、貸倉庫を東京で利用するなら、お得な料金プランをコチラから要チェック!長期利用もOK!

2000円台から使える

一番目にする事が多いのは、土地にコンテナが置いてあり24時間好きな時に利用出来るといったタイプのトランクルームです。その他にも室内型のトランクルームもありますが、人気があり低価格で使いやすいのはこの屋外型のトランクルームです。 コンテナの中をいくつかのブースに分け、その容量で料金が来まるシステムで2000円台から利用する事が出来るので、どうしても収まりきらない荷物を手放す事なくリーズナブルに保管しておく事が出来ます。 一方室内型は10,000円を超える事もあり、高額ではありますが空調が効いているという事から美術品や骨董品を管理するのに向いており、愛好家となる企業からの需要が高いトランクルームとなっています。

一時預けも可能

トランクルームを使う時は、かかる費用をしっかりと計算しましょう。1か月2,000円といっても年間では24,000円です。 その費用をかけても充分な品であるかなどを吟味する事も必要です。例えば今後一生をかけてコレクションしていくだろう品物の一部などであれば、預ける価値は充分にありますし、趣味の品でも仕事が落ち着いているシーズンはトランクルームに預けるなどするのも有効です。 トランクルームが必要かどうかの見極めは、保管にかかる料金と保管料金をプラスした現行家賃で借りられる物件の広さで行いましょう。 一時保管には手軽でとても優れていますが、長期保管は手元で状態を見ながら行うのが一番です。

自由自在に活用

自由自在に活用できるトランクルームは、24時間出入り可能であるところが多いです。特に法人の場合は搬入や搬出など、時間が指定されていると難しいのでこうした施設が人気を集めています。

詳しくはコチラ